Archive for the ‘ソフトウェア’ Category

2012年03月06日に投稿

TweetDeck for Android からアカウントを削除する方法

昨年Twitterに買収されたTweetDeckが開発しているAndroid用のツイッタークライアント「TweetDeck for Android」をインストールしました。インターフェースが非常に綺麗で好きなのですが、一度アカウントを追加すると個別に削除することができないようです。(GoogleでTweetDeckからのアカウント削除方法を探しても一向に見つからず…)そのため追加したアカウントを削除するには「アプリケーションの管理」からデータの削除を行う必要があります。データの削除を行うとTweetDeckの設定が全て消去されますのでご注意を。

2012年01月03日に投稿

[LibreOffice]シングルクオーテーションを入力してテキストエディタ等に貼り付けると全角のシングルクオーテーションに変換されてしまう場合の対処方法

LibreOfficeのCalcを使ってSQLを複数行書こうと思っていたところ入力したシングルクオーテーションが自動的に全角のシングルクオーテーションに変換されているようで、phpMyAdminでインポートしようとしたらエラーとなってしまいました。

このシングルクオーテーションを自動的に変換する機能を無効にするには、「ツール」→「オートコレクトオプション」→「言語固有のオプション」→「シングルクオーテーションマーク」の「入力文字列」からチェックを外してOKボタンをクリックするれば良いようです。

2011年05月11日に投稿

[Filezilla]サイトマネージャーに登録したFTPのパスワードを見るには

Filezillaではサイトマネージャーにホスト名、ユーザー名、パスワード等を登録することで、後から簡単に接続できるようになっています。それらの情報を登録した後は、サイトマネージャーを開くことで確認することができますが、パスワードは記号「●」に変換されており見ることができません。そこに入力したパスワードを後から確認したいときは、サイトマネージャーのデータを管理しているXMLファイルをテキストエディタで直接開いてください。

サイトマネージャーのパスワードが保存されているディレクトリは「C:\Users\username\AppData\Roaming\FIleZilla」で、「sitemanager.xml」というファイル名で保存されています。なお、「ファイル名を指定して実行」に「%AppData%\FIleZilla」と入力しても開くことができます。

2011年04月30日に投稿

WindowsでコマンドラインからWEBサイトのスクリーンキャプチャを取得する

Webサイトのスクリーンショットを取得するには通常、FirefoxやChromeのアドオンを使用するのが便利です。ですが大量のWebサイトのキャプチャを取りたいとなると非常に手間がかかります。そこでWindows用のフリーウェア「CrenaHtml2jpg」を利用して、コマンドラインからWebサイトのキャプチャを取得してみましょう。

続きを読む

2011年04月10日に投稿

[Notepad++]開いているファイルの文字コードを変換する

現在開いているドキュメントの文字コードを変更は、上部メニューの「フォーマット」から行うことができます。「フォーマット」をクリックすると、「UTF-8 without BOM に変換」等があるので目的の文字コードをクリックして上書きするとファイルの文字コードが変更されます。

2011年03月26日に投稿

RealVNCのフルスクリーンモードを元に戻す

F8キーを押すとメニューが出てきますので、そこからフルスクリーンを再度選択するともとに戻すことができます。

2010年10月12日に投稿

[Filezilla]ローカルとリモートのディレクトリ移動操作を同期させる

Filezillaの便利な機能のうちの一つ、「同期ブラウズ」機能をご紹介します。

同期ブラウズ機能というのは、ローカルとリモートのディレクトリ移動操作を同期させるものです。ローカルであるディレクトリに移動すると、リモート側も同じディレクトリに自動で移動します。この逆も同様です。頻繁にディレクトリの移動を要する作業を行う場合に便利です。

「同期ブラウズ」機能を有効にするには、ツールバーの「同期ブラウズ」ボタンをオンにします。又は、メニューバーの「表示」⇒「同期ブラウズ」を選択します。