2011年06月15日に投稿

[Javascript]指定時間後に関数を実行したり、一定間隔で繰り返しの処理を行う

Javascriptには指定した時間が経過した後に関数を実行してくれるsetTimeout関数があります。第一引数に実行する関数名、第二引数に実行したい経過時間をミリ秒で指定します。下記のサンプルコードの場合、greeting関数を3000ミリ秒後(3秒後)に実行します。下記のコードを実行すると結果的にブラウザでアクセスをしてから3秒後にhelloと書かれたアラートが表示されることになります。

また、setTimeout関数の第一引数は無名関数を指定することもできます。

呼び出す関数に自分自身を指定すると一定間隔毎に延々と処理を繰り返すことができます。下記のコードはid「output」が指定されたdivタグの中にhelloという文字列を1秒ごとに追加していきます。

関連記事

Leave a Reply