Archive for the ‘WordPress’ Category

2010年06月24日に投稿

[WordPress]公開されている記事数を表示する

WordPressで「公開されている記事」の数を表示するコードです。


このコードは下記の記事を参考にさせて頂きました。

WordPressを使ったブログの全記事数を取得するコード – かちびと.net
http://kachibito.net/wordpress/all-article.html

WordPressをちょちょいと使いやすくする15のスニペット
http://coliss.com/articles/blog/wordpress/wordpress-15-snippets-for-developers.html

2010年05月30日に投稿

htmlファイルをPHPプログラムとして扱うように変更する際の注意点

.htaccessを使用することでhtmlファイルをPHPプログラムとして扱うことができるようになります。
ですが、.htaccessをアップロードするとエラーになってしまう場合があります。
.htaccessの記述に問題がない場合は、htmlファイルにxml宣言がされていないか
確認して下さい。

例えば、<?xml version=”1.0″ encoding=”UTF-8″>というコードが
htmlファイルに記述されていた場合、<?がPHPのショートタグとして解釈されてしまいます。
これを回避するための方法の例として2点挙げます。

1. .htaccessでショートタグを無効にする。

.htaccessに下記のコードを記述することで
ショートタグを無効にすることができます。

コード


2. xml宣言をprint関数で出力する

xml宣言をPHPの関数で出力することで回避することができます。
こちらの方法は全てのhtmlファイルを変更しないといけないため
1番の方法のほうが手軽で良いと思います。

に投稿

拡張子がhtmlであるファイル内に記述されたPHPコードを実行する

拡張子がhtmlである場合に、PHPコードを記述しても実行されない場合が多いと思います。
.htaccessを利用することで、htmlファイル内のPHPコードを実行することができます。

下記のコードは.htaccessに記述するコードです。

AddType application/x-httpd-php .html

又は

AddHandler application/x-httpd-php .html

に投稿

WordPressでPHPコードのシンタックスハイライトを利用する

WordPressではページの生成にPHPが使用されているため
記事の本文にPHPコードを記述すると画面が表示されなくなります。

実際何も考えずに投稿してみたところ、
JavascriptのSyntaxHighlighterをロードするだけでは
PHPコードに適用することができませんでした。

そこで必要となるのがWordPressのプラグイン「Syntax Highlighter for WordPress」です。
これはWordPressの記事にPHPコードを記述しても実行されないようにすることができます。