2011年05月23日に投稿

[Javascript]IEではsubstrメソッドの第2引数に負の数値を指定することができない

指定した位置から指定した文字数だけ文字列を抜き出すメソッドにsubstrがありますが、FirefoxとIEで挙動が異なっていたため思い通りの動きとならない原因を特定するのに時間がかかりました。具体的な違いは下記の通りです。
続きを読む

2011年05月22日に投稿

[Google Analytics]指定したメールアドレスに自動で定期レポートを送信する

Google Analyticsには定期的に指定したメールアドレスに対して、レポートを添付して送信してくれる機能があります。Gmailに送信するようにすれば、Google Analyticsにログインしなくてもレポートを確認することができます。その設定手順をご紹介します。

続きを読む

2011年05月19日に投稿

[VBA]指定した年月日の曜日を取得する

VBAで指定した日付の曜日を取得するにはFormat関数を使用します。Format関数は第1引数に日付の文字列を、第2引数に書式を渡します。具体的なサンプルコードをご紹介します。
続きを読む

2011年05月18日に投稿

[Dreamweaver]検索や置換のパターンを入力するフォームに改行やタブを入力する

Dreamweaverには強力な置換機能があります。ディレクトリ内のファイルに対して一括置換、正規表現を用いた置換、複数行の置換など置換だけでも、高度な置換を行うことができます。置換対象の文字列と置換後の文字列をフォームに入力する必要がありますが、このフォームに改行やタブを入力する方法をご紹介します。

続きを読む

2011年05月11日に投稿

[Filezilla]サイトマネージャーに登録したFTPのパスワードを見るには

Filezillaではサイトマネージャーにホスト名、ユーザー名、パスワード等を登録することで、後から簡単に接続できるようになっています。それらの情報を登録した後は、サイトマネージャーを開くことで確認することができますが、パスワードは記号「●」に変換されており見ることができません。そこに入力したパスワードを後から確認したいときは、サイトマネージャーのデータを管理しているXMLファイルをテキストエディタで直接開いてください。

サイトマネージャーのパスワードが保存されているディレクトリは「C:\Users\username\AppData\Roaming\FIleZilla」で、「sitemanager.xml」というファイル名で保存されています。なお、「ファイル名を指定して実行」に「%AppData%\FIleZilla」と入力しても開くことができます。

2011年05月10日に投稿

[WordPress]「続きを読む」に画像を使用する

記事の内容を表示するタグにthe_content()があります。「続きを読む」の文字列を変更する場合は、下記のように第一引数に変更したい文字列を渡すことで変更されます。



「続きを読む」にテキストではなく、画像を使用したい場合、第一引数にimgタグを渡します。

2011年05月09日に投稿

[Excel]セル内で改行をする

Excelのセルの中で改行をするには、改行をしたい位置でキーボードの[Alt]キーを押しながら[Enter]キーを押します。